子供の視力回復法

田中謹也の経歴とプロフィール

田中謹也は視力トレーニングのインストラクターをしている方です。また、株式会社アイトレーニングの代表を務め、視快研という名前の視力回復施設を運営しています。田中謹也の視快研では、目のトレーニングをすることにより、視力の回復を目指します。視快研は平成15年に開業し、2000名以上の方が視力回復に成功しています。田中謹也の視力回復法は、教材化されネット通販にて販売されていますので、視快研に通えないという方でもアイトレーニングを実践することにより、視力回復を目指すことができます。

 

田中謹也 田中謹也のアイトレーニング 詳細はこちら

 

田中謹也のアイトレーニングは、9割以上の子供が視力0.8以上にできたという実績があります。このアイトレーニングという方法は、プロスポーツ選手も取り入れている視力回復法です。野球選手やプロボクサーなど、眼鏡をかけてプレーすることはできないスポーツもありますから、メガネやレーシック手術に頼らない視力回復法は、目が悪い子供だけでなく、スポーツ選手にも求められているのです。もちろん、その他にも学生や社会人、主婦などの目が悪い人すべてが対象となります。

 

アイトレーニングの具体的な方法としては、ヒモとビーズを利用した簡単なトレーニングです。トレーニングと言っても、紐に通したビーズを数秒間、見つめるだけです。複数のビーズはそれぞれ距離が異なります。これなら、子供でも簡単に実践できますね。もちろん、ヒモとビーズは、アイトレーニング・コンプリートキットに含まれています。特に自分で用意する必要はありません。

 

アイトレーニングは、ヒモとビーズを利用したトレーニング法の他にも、トレーニングの種類がいくつかあります。子供でもできる簡単な方法ですし、楽しみながら続けるのが視力回復への近道です。1日13分なら忙しい人でも継続することができますね。

 

田中謹也のアイトレーニングは、次のような一般的な視力回復法で結果が得られなかったという人にお勧めです。眼科で行われている手法や点眼液、昔から行われている視力回復法がこれらに該当します。

 

眼科で処方されたミオピンやミドリンなどの目薬を点眼している
ミオピンとミドリンは、目のピントを調節する筋肉に作用します。主にピント調節機能の改善に用いられる点眼液です。

 

眼科にてワックを実践している
ワックとは、望遠鏡のような形をした装置を覗いて、そこに映し出されるスライドを見るというものです。ワックは雲霧法という原理による装置です。眼科で一般的に行われている視力回復トレーニングがワックと呼ばれる手法です。

 

眼ににいいと言われているサプリメントを服用している
眼に関連するサプリは、ブルーベリー(ビルベリー)が有名です。成分としては、アントシアニン、ルテイン、カロテノイドなどがあります。サプリメントを飲んだだけで、視力回復とはいかないものの、眼に必要な栄養素は補いたいものです。

 

視力回復効果が期待できる超音波治療器を使用している
超音波治療器は10万円程度するものが多いです。具体的な商品名をあげると、ソニマックなどがあります。ソニマックは目のコリをほぐしたり、血行を良くする効果が期待できる厚生労働省承認医療機器です。

 

ピンホールメガネを使って視力回復エクササイズをしている
ピンホールメガネはレンズ部分が黒くなっており、そこに複数の穴が開いているメガネです。数百円程度で購入できます。ピンホールメガネは視力回復に効果があると言われています。ピンホールメガネは昔から存在している視力回復方法です。

 

マジカルアイを見て視力回復に励んでいる
マジカルアイは宝島社から出版されている3D絵本です。マジカルアイはシリーズ化されており、楽しみながら視力回復効果を狙う絵本です。マジカルアイは、いろいろ種類があるので飽きません。マジカルアイの価格は千円程度です。

 

アイトレーニングは1日13分の簡単なトレーニングを2ヶ月続けることで、視力回復効果が期待できます。アイトレーニングは、きとんと実践、継続することが大事です。疑問や質問がでてきたら、メールサポートを活用しましょう。

 

また、アイトレーニング・コンプリートキットには、180日間の返金保証が付いています。子供でも簡単にできる視力回復トレーニングといっても、本当に視力が回復するのか、不安や疑問を感じる人もいると思います。返金保証の制度はアイトレーニングを実践しても、視力が回復しなかったという人のためにあります。返金保証に関しては、規約がありますので、アイトレーニング公式サイトにて詳細を確認してください。