視力低下の原因とは?

子供の目が悪くなる原因とは?

視力は大人になっていくほど低下してくるのが一般的ですが、最近は子供の視力低下も多いようです。

 

子供の視力低下の原因として、遺伝や環境、アレルギーなどが考えられます。
特に最近は子供もスマートフォンなどを持つようになり、長時間同じ画面などを見続けていると近視になりやすいようです。
一昔前であれば、任天堂のファミコンやWii、ソニーのプレイステーションなどのテレビゲームが視力低下の原因とされていました。
眼のレンズのピントを合わせるための眼筋が弱ってしまうのですね。物を見るのときの焦点は眼筋とレンズによって調節します。

 

遺伝の場合は親の視力が悪ければ、子供が10歳の年になる少し前から視力低下が始まることもあります。

 

そして、意外と親が気づけない視力低下の原因として、心因性視力障害です。
子供は感受性が良く、ストレスを溜めやすい傾向にあります。
ストレスによる負荷が脳にかかりすぎると、一時的に視力が悪くなる場合もあるようです。
今まで特に視力に問題なかった子供の場合、この心因性視力障害を疑った方がいいかもしれません。

 

視力はとても大切なものです。視力が悪くなれば、当然のことながら視野も狭くなります。
もし、子供の視力が悪くなった場合はすぐに眼鏡を作らず、視力回復グッズを使用してみたり、エクササイズを行ってみましょう。

 

視力回復のための方法としては、当サイトで紹介しているアイトレーニングがお勧めです。
アイトレーニングは視快研に通えなくても、実践することができる視力回復教材です。
子供の視力低下で悩んでいる親御さんには特にお勧めになります。